頭を柔らかくしつつ緻密な計算を

機構設計に求められるスキルは幾つかあります。例えばCADの操作については必ず出来なければなりません。筺体設計、樹脂設計、機構設計、精密板金までお任せ|双明通信機製作所CADが出来なければ機構設計を行うことはできませんし、どうしてもこうしたスキルというのは必要になってきます。そして頭の回転がしっかりとしていないと、機構設計を上手に行うことはできないのです
どのように組み立てていけば成功するのかをよく考えて上で、CADの図面を作らなければなりません。これには計算というものも必要になってきます。計算をして正確な数字を叩き出さないと、作った時に何かがおかしいということに繋がります
そしてコミュニケーション能力というものも必要になってきます。この図面ならできるのかを確かめてもらったり、アドバイスを受けることによって正確な物を作っていくのです。こうした能力が不足していると、どうしても正確な物はできず、失敗を繰り返すことになります

機構設計は柔らかい頭を持ちながら、計算をしっかり行うことが必要なのです。

Posted in 未分類 | Tagged | コメントは受け付けていません。

機構設計とは

機構設計とは、簡単に言えば「機械の構成を考える」ことです。もう少し具体的に示すと、
(1)構成
(2)強度
(3)剛性
(4)寿命
(5)操作性
(6)出来上がる物の大きさ
(7)コスト
(8)保全性
を決めることです。提示された要求に対し、これらの項目をすべてクリアしていかなければならないのですが、例えば単に強度を十分満足できるように設計したとしても重量が重くなる、コストが高くなるなどの不具合が生じてしまいます。つまり、項目をクリアしていくと共に、製品の軽量化や使いやすさ、操作性、長寿命であること、コストが安価であること、安全性などを追求していく必要があるのです。機構設計では、製品本体のサイズ、1つひとつの部品の強度や重量・サイズを計算し、CADを使って製品を設計していきます。これらの決定にはそれぞれ専門的な知識が必要になり、個人での設計は困難であるためあまり行われません。そのため通常は、各項目ごとに専任の担当者を決め、設計を行っていきます。

Posted in 未分類 | Tagged | コメントは受け付けていません。

機構設計という仕事について

世の中にはスマートフォンなど便利な機能を持つ機械であふれています。これらの機械は「こういったものがあったらいいな」という発想からスタートし、機械の設計、図面の作成、製造という過程を経て完成されます。機構設計とはこの最初の機械の設計にあたる部分であり、最初のコンセプトを具体的に形にするお仕事だと言ってよいでしょう。
機構設計の仕事をより具体的に述べると、様々な力学や材料についての知識を元にして、コンセプトを実現できる機械を実際に設計するということです。その製品の仕様やサイズを決定し、それに見合った数々の部品とその組み合わせについて工夫を積み重ねながら、ひとつの製品を設計していきます。その過程でさらに新しい形の部品が必要になればその設計も工程に含まれることになります。
このようにして機構設計によって作り上げられた製品は製図化されることによって正確な設計図となり、それをもとにして現実の製品が誕生します。図面通りの正確な作成が求められるような製作段階と異なり、機構設計の段階においては正解のない状態から新たなものを生み出すクリエイティブな能力が求められるのです。

Posted in 未分類 | Tagged | コメントは受け付けていません。